セブ留学のエージェントの選び方 ー 費用・メリット&デメリット

セブ留学するなら、留学エージェントを利用したほうが良いの?手数料や仲介料金はどれくらいかかるの?仲介料金を無料にする方法って?そんなエージェントに関する疑問の全てにお答えします。最後には、エージェントを利用しない個人手配の方法も紹介!

留学エージェントとは

留学エージェントとは、留学に必要な手続きを代行する業者のことです。

語学学校からホームステイ先、学生寮、アパートなど、滞在方法に問わず手配してくれます。

また留学全体のアドバイスや帰国後の進路相談まで、手厚いサポートを受けることができます。

そのため留学先の国から就職活動まで、ワンストップで相談する人も少なくありません。

英語初心者や留学が初めての人でも安心できるサポート体制です。

エージェント利用にかかる費用

エージェントの仕組み

留学エージェントには「有料」と「無料」があります。

有料エージェント

まず有料エージェントの場合、主に以下の収益を得ています。

  • 手続き代行費用
  • 語学学校からの販売手数料(仲介手数料)

手続き代行費用とは、学校や滞在先への手続きを代わりに行う手数料として、他の留学費用と一緒に支払います。これは「カウンセリング費用」「相談料」などとも言います。

そして販売手数料とは、学校がエージェントに対して支払うお金です。

海外の語学学校が日本で認知度を高めることはカンタンではありません。そこで、日本の留学事情をよく知っている日本のエージェントに集客を依頼することで、生徒の集めています。

これは留学業界だけではありません。旅行業界や宿泊業界など、さまざまな業界で採用されているシステムです。

無料エージェント

一方で、無料エージェントは「語学学校からの販売手数料」のみで収益を得ています。

この場合、カウンセリング費用はかかりません。サポートは受けることができますが、支払いは語学学校の授業料や渡航費のみです。

留学生の負担は0円ですが、サービスの質が落ちるわけではありません。

これは有料エージェントに多い「事前の無料オンライン英会話」「現地のサポートデスクやオフィス」がないことが大きな理由です。

これらのサービスが必要なければ、無料エージェントでも問題ありません。

エージェントの仲介料相場

留学エージェントの手数料相場は、5〜20万円とピンきりです。

ただし値段が高いほど、カウンセリングの質が良くなるわけではありません。

料金が高い理由は「相談にのるカウンセリングスタッフの数が多い」「有料サービスが多い」「大学進学・中学/高校留学などリサーチ力が必要な留学を専門としている」などもあり、見極めが必要です。

留学エージェントを利用するメリット

留学エージェントを利用するメリットを3つ紹介します。

1.手続きの手間を省ける

留学にはさまざまな手続きが必要です。

しかし留学初心者や英語初心者にとって、英語で申し込みをすることはカンタンではありません。

留学エージェントを利用することで、私たちの手続きはエージェントとのやり取りのみになります。

担当スタッフが希望を聞きながらすべて代行してくれるため、英語学習などの事前準備に時間をかけることができます。

語学学校とホームステイ先だけでなく、エージェントから海外インターン先を紹介してもらうことも可能です。

2.現地の情報が入手しやすい

留学エージェントの中には、現地にオフィスを持っている企業もあります。

そのため現地の治安や物価、留学生の数などの情報を、リアルタイムで知ることができます。

海外の治安や物価の状況は変わりやすいです。そのためどれだけ調べていても、渡航してみると「イメージと違う」ということもあります。

現地にオフィスやスタッフがいれば、正しい情報をすぐに知ることができます。

3.留学経験者からカウンセリングを受けられる

基本的に留学エージェントのカウンセラーは全て留学経験者です。

そのため必要な準備や持ち物、留学してどれくらい英語力が伸びたのかなど、体験談を聞くことが可能です。

経験者だからこそできるアドバイスもあるため、カウンセリングにも安心感があります。

留学エージェントを利用するデメリット・失敗例

一方でエージェントの利用には、以下のようなデメリットもあります。

1.仲介料などの支払いで留学費用が高くなる

エージェントを利用する最大のデメリットは、費用です。

有料エージェントでは仲介料として、5〜20万円の支払いが必要です。この金額は、1ヶ月のセブ留学での授業料に相当します。

これだけの金額があれば、もう1ヶ月現地で勉強することができます。

「手続きに不安があるけれど、留学費用はおさえたい…」という人は無料エージェントを利用しましょう。

私たちが支払う仲介料は基本的に0円のため、支払いは授業料などの必要な費用のみです。

2.語学学校やホームステイ先の選択肢が少なくなる

留学エージェントは、語学学校からの販売手数料で収益を得ているとお伝えしました。

エージェントが紹介できるのは手数料をもらっている学校のみです。

その他の学校は紹介してもらえる可能性が低くなり、学校やホームステイ先の選択肢が自然と少なくなります。

もしも語学学校を自分で選びたい場合、先に希望の学校を決めておきましょう。

そして希望の学校の手配に対応しているエージェントを選ぶことで、選択肢が少なくなることを防げます。

3. 倒産のリスクがある

サービスの途中でエージェント会社が突然倒産するリスクがあります。

過去に大手留学エージェンとが倒産し、サービスが受けれなくなり留学費用が戻って来なかった事例があります。

▼関連記事

エージェントを利用すべきなのはどんな人?

留学エージェントの利用をおすすめする人の特徴を紹介します。

1.留学・英語初心者

エージェントは手続きを代行してくれるため、初めて留学する人や英語初心者にお勧めです。

手続きは基本的にすべて英語です。そのため英語力や海外経験がゼロに近い場合、必要事項を読んだり、メールのやり取りをしたりするだけで時間を取られることもあります。

エージェントは複雑な手続きを代行してくれるため、私たちは日本語でやり取りするだけです。英語に自信がなくても、手続きがスムーズに進みます。

2.海外インターンをしたい人

エージェントは、海外インターンの手配もサポートしています。

渡航前にインターンを見つけて、現地での業務に集中することができます。

インターン先は語学学校の紹介や自分で探すこともできますが、すべて渡航してからになります。

そのためインターン先を探すことに時間を取られる可能性も。また自分で探すとなると、英語で履歴書を作るなど準備も簡単ではありません。

留学中の時間を最大限に活用するためにも、エージェントと協力して日本で見つけておきましょう。

結果として、スキルアップや英語力アップに多くの時間を当てることができます。

3.事前の英会話レッスンなどサポートを受けたい人

エージェントは、以下のような手厚いサポートを受けたい人にもおすすめです。

  • 事前のオンライン英会話
  • 現地でのサポート
  • 就職活動での企業紹介

しかしこれらのサポートは、有料エージェントのみです。基本的に無料エージェントや個人手配の場合、これらを無料で利用することはできません。

「不安が多いからいろいろと相談したい」という人は、有料エージェトのように手厚いサポートを利用できる環境を用意しておく方が安心です。

エージェントを選ぶポイント

たくさんある留学エージェントを選ぶポイントは、以下の3つです。

1.現地にエージェントのオフィスがある

現地オフィスのあるエージェントを利用することで、治安や物価、語学学校などの情報をリアルタイムで入手できます。

特に治安は、留学のしやすさや生活に関わることのため、なかなか無視できません。

初めての留学で不安がある場合、現地オフィスを持つエージェントを選びましょう。

2.留学経験のあるカウンセラーがいる

留学経験のあるカウンセラーには、留学前の不安や英語力の伸び悩み、帰国後の就職活動など、さまざまな経験があります。

同じ経験をしている人の方が、留学を希望する人の気持ちに親身になって寄り添うことができます。

また希望の国に留学経験のある人であれば、現地に行った人だからこそわかる情報を知っていることもあります。

経験者に相談することが、留学前の不安解消にもつながります。

3.自分が受けたいサービスを提供している

エージェントの提供するサービス内容もチェックしましょう。

例えば以下のようなサービスです。

  • 事前の無料オンライン英会話
  • 現地でのトラブル対応
  • 帰国後の進路相談

自分が受けたいサービスがあるかどうかチェックすることが、留学の成功を左右することもあります。

また必要ないサービスを省くことで、費用を節約できるケースもあります。エージェントのサポート範囲を調べておきましょう。

▼関連記事

お勧めエージェント

セブ留学におすすめの留学エージェントを2つ紹介します。

1. 留学ジャーナル

留学ジャーナルは、留学業界で最も実績がある最大手の留学エージェントです。有料エージェントですが、サポート内容や対応に定評があります。

2.MTSC留学センター

MTSC留学センターは、セブとオーストラリアのメルボルンに拠点を置く現地エージェントです。2カ国留学にも対応でき、無料でサポートを受けることができます。

  1. 他にもフィリピン専門の留学エージェントもあるよ。

    キリン先輩

セブ留学は語学学校の数も多いですが、他の国に比べ留学エージェントもたくさんあります。

▼関連記事

個人手配(自己手配)もお勧め

ここまで留学エージェントについて解説しましたが、留学には「個人手配」もおすすめです。

個人で手配する場合は「語学学校の申し込み」「滞在先の手配」「航空券の購入」など、すべて自分で自由にプランを決めることができます。

この場合「仲介料」などの手数料が必要ありません。そのため数十万円の費用節約につながります。

ただし、日本語対応をしていない学校では、申し込みは英語の場合があります。留学ビギナーには厳しく、ハードルを高く感じる人も少なくありません。

しかし、個人手配をサポートするサービスを利用すると、英語初心者や海外が初めての人でもカンタンに個人手配ができます。

▼関連記事

個人手配はこんな人にお勧め

個人手配は、以下のような人におすすめです。

安い費用で留学したい人

個人手配は、留学費用を節約したい人におすすめです。

すべて自分で手配することで「仲介料」や「販売手数料」の支払いが必要ありません。

さらには航空券も自由に購入できるため、5〜20万円の費用が節約できることも。少しでも費用を抑えたい人にお勧めです。

また、個人手配は滞在方法や語学学校の納得のいくプランを選べます。

留学経験がある人

留学の経験者であれば、手続きの流れはなんとなく把握しているかと思います。

手続きに慣れているだけでなく、航空券の手配方法などその他の手続きも知っているはずです。

国が変わってもほとんど同じ流れで行うため、留学経験のある人にはハードルが高くありません。

英語力がある人

留学の手続きはほとんど英語です。そのため個人手配には、日常英会話やメールをやり取りできるだけの英語力が欠かせません。

目安として、TOEICで600点以上のスコアが必要です。

これは日常英会話とビジネス英会話ができるレベルのため、現地とのやり取りは理解できる可能性が高いです。

お勧め個人手配サービス

初めての留学でもエージェントを使わないでやってみたい、少しでも費用を抑えて手続きしたい、でも自分でできるか不安という人も多いと思います。

そんな人には、個人手配をサポートしてくれるサービスの利用がお勧めです。

学校選びや学校スタッフとの申し込みのやり取りのサポートがあり、留学エージェントと個人手配の両方のメリットを受けることができます。

  1. ペンギンちゃん

    語学学校の選び方や申し込みの手続きを留学アドザイザーがLINEやメールで相談にのってくれてサポートしてれるみたい!

留学の相談をしてみる(無料)

留学エージェント利用の体験談

セブ留学にチャレンジしたAさん。

留学が初めてな上に、英語はほとんどわからない初心者のため、事前準備から帰国後の就職活動までエージェントを利用することにしました。

エージェントがAさんの目的にあう語学学校や滞在エリア、事前学習のプランを考えてくれたため、スムーズに手続きが終了。

手数料が10万円ほど必要でしたが、手続きに時間がかからない分、事前学習に集中できるように。中学英語まで復習できたため、留学初日をスムーズにスタートできました。

そして留学中も大きなトラブルなく帰国し、Aさんは就職。その際もエージェントのサポートを活用したため、就職活動は3ヶ月ほどの短い期間で終了しました。

個人手配の体験談

Bさんは留学経験もあり、よく海外1人旅へ行きます。

しかし英語は日常会話レベルで、「ビジネス英会話を身につけたい!」と感じていました。

そこで仕事をやめて、留学に再チャレンジすることに。海外経験が豊富なことから、すべて個人手配で手続きを進めました。

申し込みなどはすべて英語でしたが、日常英会話ができたため問題なく手続きが完了。航空券も自分で安いものを購入したため、留学費用を合計で15万円節約することができました。

さらにBさんは、費用が節約できたことで留学期間を1ヶ月延長することに。無事にビジネス英会話を身につけることができ、今は外資系企業で働いています。

このように、自分の経験や英語力によって手配方法を決めることで、充実した留学生活を送ることができます。

留学の準備ガイド